山陰の美術作家 KEiKO*萬桂 墨絵 抽象画 舞書パフォーマンス アトリエ

Product

~身に纏う美しい抽象~
bankei kimono 『 後青庵』をはじめました。
わたしが作家名をうけついだ俳人の曽祖父 植村萬頃は出石城に家紋入りの裃で着物をおさめる呉服商でもありました。
着物がだいすきでいつかは自分らしい着物をつくりたい、身に纏いたいという気持ちをやっと形にすることができました。初めて描いた着物には植村家の家紋「龍剣一文字」の家紋をつけました。
その方だけのために、わたしが感じるインスピレーションのままに、大胆に繊細に、世界に一つだけのお着物や帯を描かせてきただきます。

◇お問い合わせ先◇
 アトリエ「薊文庫」  〒681-0014 鳥取県岩美郡岩美町大羽尾21  E-mail info@keiko-bankei.com
ご希望の方は、上記メールにお問合せ下さい。



付録

はじめての詩画集「薊の棘」(あざみのとげ) が発刊されました。
KEiKO*萬桂 処女詩画集「薊の棘」鬼女ですね。
◆B6版 100頁
◆豆折り本「薊の縁」 16頁の付録付き
◆定価 1,800円(税別)
【和紙制作】あおや和紙工房 【発 行】西町文庫(綜合印刷出版株式会社) 【発行人】さくらゆうづつ
◇お問い合わせ先◇
 アトリエ「薊文庫」  〒681-0014 鳥取県岩美郡岩美町大羽尾21  FAX 0796-22-2788  E-mail info@keiko-bankei.com
ご希望の方は、上記メール又はFAXにてお問合せ下さい。
鳥取県内の「今井書店」「宝林堂」でもお買い求め頂けます。